ママ活にあるLINE詐欺の紹介や交換タイミングを解説

ママ活LINE詐欺

ママ活といえば、ママ活サイトを利用する方法が一般的ですが、中にはLINEを使ってママ活する方法が紹介されていることもあります。

LINEはほぼ全国のママが利用していますし、男性も無料で利用できることから、「安く簡単にママ活したい!」というイメージがあるようです。

しかし、実はLINEを使ったママ活はおすすめできません。

そこで今回はママ活におけるLINE詐欺の詳しい内容や、ママ活中のLINE活用法や交換のタイミングをご紹介していきます。

読みたいところをタップ!

ママ活でのLINE詐欺の手口

ママ活詐欺にはいくつかの手口があります。

その中でもとくにLINEを使った詐欺をまとめました。

ママ活アプリやLINEとは別の出会い系サイトを勧めてくる

ママ活で発生する詐欺で一番多いと言われるのが、別のサイトやサービスに誘導しようとするものです。

LINEでやり取りをしているにも関わらず、「こっちのサイトのほうが便利だから」などと言ってURLを貼って誘導する手口です。

日常会話の中で何気なく持ちかけてくるので、何気なくURLを開いてしまって詐欺に巻き込まれやすくなっています。

この詐欺の目的は、URLを開かせた後にも親身なふりをしてサイトに登録させようとしたり、お金を払った方がいいなどと誘導することもあります。

指定したサイトに登録させることだけでなくURLを開かせる事を目的としている場合はフィッシングサイトのURLを用い、開いただけで犯罪に巻き込まれる可能性が高いので注意が必要です。

怪しい投資サイトを利用するように迫る

こちらはさらに悪質なもので、投資を目的とするサイトへ誘導し登録させ継続的な利用をさせるという手口です。

「投資の知識が無くても大丈夫」、「登録すればお互いにメリットがあるから」と言って誘導するのですが、時には「投資が上手くいかないからこのサイトに登録して自分を助けてほしい」と協力を依頼するような手口もあります。

特にお金持ちをアピールしている相手であれば、「自分は投資でこれだけ儲けることが出来た」と現金の写真や通帳の写真などを送ってその気にさせる手口が多く、実際に写真を見てしまうとつい自分もと考えて詐欺に巻き込まれてしまいます。

ママ活においてお金の話は必要ですが、突然投資に誘う場合は大抵相手を陥れようとしているのです。

顔写真や個人情報を送るように言ってくる

LINEでは気軽に画像を送ることができますが、ママ活でもお互いの顔写真を送り合うことがあるでしょう。

しかしそこにも詐欺の可能性は隠れています。

顔写真や全身の写真などを頻繁に送って欲しいと要求したり、必要以上に個人情報を聞き出そうとしている場合、その画像や情報を悪用することが目的です。

特に写真はネット上に流出して悪用されたり、場合によってはママ活を理由に脅してお金を要求するというケースも少なくありません。

また、「このくらいなら大丈夫かな」と個人情報を教えてしまうと、そこからさまざまな方法を使って話していない情報まで把握される危険性があります。

大きな犯罪に巻き込まれることもあるので、個人情報や写真のやり取りは身長に行わなければいけません。

会えても他の人から脅される

詐欺を目的としたママ活のマッチングでは相手と実際に会うことは少ないのですが、利用者を安心させるために数回顔を合わせる場合があります。

実際に会ってママ活を成功させたと錯覚させ油断したところを騙すという手口は昔からあります。

その中でも、実際に会った後に第三者が現れて脅迫するという手口が発生しやすくなっています。

ママ活の場合、相手の夫を名乗る男性が突然連絡を取ってきて慰謝料を請求するというケースは非常に多く、誰にも相談できず言われるがまま支払ってしまうようです。

ほかにも、知らずの内に風俗店に利用登録されており、デートが終わった後に料金を請求、または風俗店に顧客として組み込まれているという悪質なものもあります。

連絡がつかなくなりLINE IDを流される

LINEは現代においてポピュラーな連絡ツールになっており、IDさえあれば誰でもその人のLINEに連絡することが出来るようになってしまいます。

ママ活でLINEを交換した後に突然連絡が出来なくなったと思ったら知らない人からコンタクトを取られるというケースがあります。

これは交換したLINEのIDを出会い系サイトのプロフィールなどに流用していたり、ほかの詐欺グループに売却しているためです。

出会い目的の一般人からのコンタクトであれば無視すればいいだけですが、中には詐欺グループに知られてしまいさまざまな手を使ってお金をだまし取られる可能性があります。

他にもLINEに登録した情報を利用されることで別のトラブルに巻き込まれる危険性もあるのです。

ママ活のLINE詐欺がなくならない理由

ママ活自体は違法な行為ではありませんが、LINEを利用した詐欺が無くならない理由を詳しく説明していきます。

LINEでやり取りしたいママ活男子が多い

ママ活を行う上で相手とのやり取りは必ず行わなければいけませんが、マッチングアプリなどでは文字数などに制限があったり、男性側は利用するのに課金が必要になることでしっかり会話を進めることができなくなります。

しかしLINEのIDを交換すれば公式アプリでは少ない回数のやり取りで済み、残りは無料のLINEで気軽に行えるため、LINEを推奨するママ活男子が多いのです。

そのため、男性側がLINEに移動するという事がほぼ当たり前になってしまうと、詐欺を働こうとしている人かどうかの判断がつきにくく、結果的に詐欺に巻き込まれてしまうのです。

LINEを利用しないことが防衛の第一歩ではあるのですが、LINEを絶対に使わないとしたらママ活の成功率はかなり下がってしまうでしょう。

LINE交換に抵抗がないママ活男子が多い

ママ活男子は基本的にマッチングアプリなどを利用して相手探しをしていますが、先程も話したようにマッチングアプリ内でメッセージのやり取りを行う際には課金が必要になります。

そのため、無料で使えるLINEの方が手軽に話しやすいのでLINEのID交換を求めるのです。

ママ活男子にとってLINEでのやり取りは一般的なのでLINEのIDを交換することに抵抗なく相手にも薦めてしまいます。

そのため、ママ活を行っている側からしても、ママ活でLINEを交換するのは普通という印象になってしまい、悪質な相手だと判断できずID交換を行ってしまうのです。

相手と早くマッチングしたいという気持ちが先走って交換を急いでしまう気持ちもわかりますが、出来るだけサイト内でやり取りすることが重要です。

ママ活でLINE詐欺に遭わないためにできる対策

ママ活でのLINE詐欺に遭ってしまうと大きな被害を受けてしまう可能性もあります。

自己防衛をするためにしっかり対策を取りましょう。

ママ活募集掲示板やSNSでママ活募集しない

ママ活の相手を探すときにはやはりママ活募集掲示板を利用する機会が多いと思います。

また、他にもTwitterでのママ活インスタのママ活募集など、SNSでもママ活を募集する女性をよく見ます。

無料で利用できて閲覧者も多い場所だとマッチング率も上がるでしょう。

しかしその分詐欺を働く人も見ているということです。

誰でも閲覧できるような場所での募集は不特定多数の人に自分の情報を公開しているだけで、ママ活相手が見つからないどころか、詐欺のターゲットにもされやすいので利用はおすすめできません。

ママ活の相手探しを行う時はお金がかかるとしても安全性の高いマッチングアプリやサイトを利用することで詐欺との遭遇率はかなり抑えることができるでしょう。

もちろん、こういった公式サービス内でも一般人を狙っている詐欺師はたくさんいますので油断しないことが重要です。

ママからLINE交換が来てもすぐに応じない

LINEを悪用した詐欺に遭わないためには自己防衛が何よりも大切です。

相手からLINEが来たからと言ってすぐに返事をしたり、内容をそのまま受け取って素直に返事をするといつのまにか個人情報を教えているという可能性もあります。

相手は情報を抜き取ろうとするプロばかりですので、様々な言い方を使って聞き出そうとするでしょう。

そこで騙されないようにするため、まずは相手から来たLINEの内容をよく読んで、返信の内容を考えてから返します。

個人情報が含まれていないか、相手に不必要な情報を与えていないかなど確認してください。

また、場合によっては多少の嘘やぼかしを入れるのもおすすめです。

特に住所や本名などはある程度フェイクを入れても実際にママ活をしている相手には問題が起きることはありません。

会話が明らかに噛み合わないと思ったら連絡しない

ママ活だけでなくマッチング系のやりとりでは常識ですが、メッセージをやり取りする際に話が全く噛み合わない相手が出てきます。

何を尋ねても適当にごまかされたり、一方的に約束を取り付けようとする相手は個人ではなく自動応答であったり、業者が一枚噛んでいることがほとんどです。

メッセージ内でも最初は本当に個人と会話をしているように思えても、数回メッセージをやり取りしていく内に同じ文言が何度も使われたり、質問に大して具体的な返答が得られないという場合は危険です。

会話が噛み合わないという間隔は会話を始めたらなんとなく違和感を覚えるので少しでも変だなと思ったらやり取りを中断して別の人を探したほうが良いでしょう。

何度もメッセージを送られるかもしれませんが、無視しましょう。

送られてきたURLにはアクセスしない

メッセージをやり取りしていると会話の流れでURLを記載されることがあります。

例えば「この動画面白いから見て」や「このゲームをやってるから一緒にやろう」など気軽にURLを押してしまうような言葉と共に送られてきます。

しかしURLはインターネット上の住所ですので、文字列を見ればある程度本当に言っている通りのサイトに飛ぶのかが判断できます。

動画サイトならば有名なサイトの名前ですし、ゲームだったらタイトル名が入っているでしょう。

判断がつかない時はURLを押す前に「どんな内容なの?」などの質問をして判断します。

本当に動画やゲームをおすすめしたいならすぐに教えてくれるでしょう。

しかし単にURLを押させたい場合は「いいから押してみて」などと内容を明かさずリンクに飛ぶことを強要するので、その場合は押さずにやり取りを終了しましょう。

個人情報はなるべく教えない

本当にママ活を行っている相手とやりとりをしている場合であっても、個人情報は極力教えないというスタンスを取りましょう。

実際に会うことができたとしても、個人情報を聞いたら連絡が取れなくなるというパターンが多いので、基本的には教えないという心構えが大切です。

ママ活はリアルでの付き合いを目的としていませんので、個人情報を知らなくても何の問題もありません。

LINEでのやり取りは一言だけでも気軽に出来ますし、相手が自分好みであったら確実に成功させたいと思ってしまって相手の質問を何でも答えてしまいがちです。

油断をすることなく当たり障りのない答えを事前に用意しておくことでうっかり個人情報を教えるというミスも防げるでしょう。

ママ活用のLINEやスマホを用意する

LINEでのやり取りが危険だと言っても、実際にママ活をするのであればLINEの存在はとても大きいものです。

本当に相手を求めている女性でLINEを使いたいという人もいるでしょう。

LINEを使うことにもメリットはかなりありますので、詐欺に遭わないためにママ活用のスマホを用意できれば尚安心です。

LINEの登録には電話番号が必要ですので、一つの端末で複数のアカウントを所持することはできません。

そのため、スマホや電話番号が与えられているタブレット端末でママ活用のLINEアカウントを取得します。

中古のスマホを活用してママ活用のアカウントを作れば、もしトラブルに遭った時も自分自身の情報が漏れにくくなります。

ママ活で安全にLINE交換できるタイミング

ママ活におけるライン交換のタイミングはいくつかありますが、一番ダメなのは「知り合ってすぐ」です。

それではいつが良いのが詳しくご紹介していきます。

ママ活の一般的な流れを知りたい方は以下の記事をご覧ください。

ママとデートの約束をしたとき

まず交換するタイミングとしておすすめなのは、「実際に会う約束をした時」です。

会う約束をする時は事前のメッセージにおいて十分安心出来る相手かどうかを確かめた上で行うことをおすすめします。

約束を取り付けた後だとリスクは低くなりますが、LINEのIDを交換したらそれ以上連絡が来なくなったということもあります。

つまり絶対詐欺に遭わないということはありませんので注意しましょう。

ママと実際に会ってデートしたとき

詐欺を働こうとする人は直接的な接触を避けたがりますので、実際に会う前にどうにか詐欺に巻き込もうとします。

そのため、実際に会うことが出来た人であればある程度安心して接することができますので、LINEの交換のタイミングと言えるでしょう。

しかしこの場合も、デート後に第三者が現れたり、ID交換後に一切連絡がつかなくなるという可能性もありますので判断は慎重に行って、できればサブロムのママ活専用アカウントを教えるようにするのがおすすめです。

特にただ会って食事するだけのデートは注意が必要です。

もともと身体目的ではない場合であっても、相手と数回会って総合的に考えて交換するか決めた方が良いでしょう。

ママ活を始めてからママとデートするとき

ママによってはデートの前にLINE交換を求める人も居るでしょう。

この場合もこれまでやり取りしてきたメッセージで判断するしかありません。

詐欺を行う時の常套句が使われていないか、相手の言っている話の内容が会っているか、会話は噛み合っているかなど慎重にメッセージを見直してみましょう。

また、相手からLINE公開を求められた場合は一度断ってみるのも一つの方法です。

断ってすぐに諦めるようなら実際にデートしたときに交換すればいいのですが、断っても執拗にIDを聞き出そうとする場合は注意が必要です。

どうしてそこまでLINEにこだわるのか質問すると、詐欺の場合は支離滅裂になったり大した理由ではないのに無闇にLINEを交換したがるのですぐにわかるでしょう。

【結論】ママ活するなら安易にLINEを使わないようにしよう

ママ活をするに当たってメッセージツールは必要不可欠ですが、LINEはメッセージツールの中でも個人情報を多く必要とするものです。

そのため、LINEのIDは詐欺に狙われやすくなっています。

LINEを悪用した詐欺に遭わないためには、とにかく安易にLINEのIDを教えないこと、そもそもLINEを使ってママ活をしないようにすることが一番の対策方法です。

LINEを使わなくてもメッセージをやり取りする方法はありますので、そちらを活用することをおすすめします。

役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

読みたいところをタップ!